nrym

home > 2015年11月

2015年11月

ツイートの引用はルールに従い適切な方法で、あるいはスクショツイートするな・拡散するな・信じるなという話

一言まとめ:画像は加工が容易なため証拠能力に乏しく、また発信元を探すのも難しいため、紹介したいwebページやツイートはURLを提示しよう。

出典がよく分からないスクショツイートを根拠にスマブラ以上の大乱闘が繰り広げられていますが、みなさんいかがお過ごしですか。先月スクショツイートの害悪性についてTwitterで語ったので、手を加えたものをブログに載せることにします。

読むのが面倒だという人は、とにかくスクショツイートする人間やそれを拡散する人の書くことは無視することだけ覚えて帰ってほしい。スクショツイートは絶対ダメ!

本題。スクリーンショットしたツイートを拡散するアカウントやアフィリエイトブログに対して私が嫌悪感を持つ理由は、著作権法を犯していること、Twitter利用規約に違反していることもあるけど、画像は加工が容易で悪意ある捏造が可能だからというのもある。特に人を批判するする際に出典を明示せずスクリーンショットを持ち出す人やそれを拡散する人たちは一切信用すべきでない。

2015-11-18_01_desktop 2015-11-18_02_mobile

ツイートの捏造例(140文字を超えている、Twitter社の短縮urlを使用していないURL表示、未来の日時)。

WindowsのブラウザはF12を、Macの場合Command+Option+Iキーを押せばデベロッパー・ツールを利用できるので、これでツイートの内容や日時を書き換える。そのままPrintScreenキーを押せば改変捏造したツイートができあがる。単に書き換えるだけならたった数分でできる作業。スマートフォンから撮った風にしたいのならhttps://mobile.twitter.com/にアクセスしてデベロッパー・ツールを使えばいい。もちろんTwitter以外のwebページも改変捏造できる。

例えば捏造されたツイートにアクセスできなくても(できなくて当然だけど)、捏造した人はただ「あいつは都合が悪くなったから削除した」と言えば済む。「ツイ消ししたけど、過去にあんなことも言ってた」とも。ツイートを削除という機能がある限り、被害に遭った人はツイートしていないという証明が不可能になる。

2012年のことだけど実際ツイートを捏造されて被害に遭ったユーザーはいる。例え人気ユーザーでなくても長くTwitterを続けていればアンチはつくので、いつかガソリンぶっかけられて放火される可能性はある。明日は我が身だよ。

余談:上記ツイートをするきっかけ

わたしは右利きだけど左手でスマホ持っててそれが普通かと思ってたけど、若い女の子がみんな右手で持ってるのを先日目撃したので思わず調べたところ、要するに年寄りは右利きでも左手で持つという事らしくショックを受けるなど。 pic.twitter.com/vV88XIp4Kl

— ミワ (@muku_muku_miwa) 2015, 3月 30

https://t.co/91peDdxrd0 ウェブサイトを参照するのに通常はURLを提示するが、ウェブブラウザで表示したスクリーンショットを上げるのは若い世代というイメージがある。まさにこれなんだけど、なぜURLを記載しないでスクリーンショットを上げたがるのか気になる。

— isaji mosshm (@isaji) 2015, 3月 30

なんでリンク貼らないでスクショ晒すんだってエアリプ来たけど、リンクは誰も踏まないからです。インスタ、ついっぷるの写真がスルーされがちなのと同じで。

— ミワ (@muku_muku_miwa) 2015, 3月 30

“リンクは誰も踏まない”http://t.co/5UnkPTlOSX だそうです。っていうか、さっきのアレだけでブロックするのか。最近の若い子はすげえな。

— isaji mosshm (@isaji) 2015, 3月 30

それはそれとして、スクリーンショットを上げるよりはURLを記載した方が閲覧者に親切ですし、一次ソースに対しても誠実だと思いますよ。

— isaji mosshm (@isaji) 2015, 3月 30

isajiさんの「若い子」云々は煽りすぎ…と思ったものの、スクショツイートする理由を語る人をリアルタイムで見たのはこれが初めてだったので印象に残っていた。3月のツイートなので半年以上前のことだけど、記事を書く機会がなかったのでずっとメモ帳に残したままだったという。

RT・likesを稼いで自己顕示欲を満たしたい、相手に通知がいかない安全圏で晒し・叩きたい――などスクショツイートする理由は大体想像していたけど、はっきり「リンクは誰も踏まないからです。」と言い切ったのは潔いなーと。著作権法やTwitterサービス利用規約を無視するその人々がTwitterをますますダメにする。

ちなみにTwitterサービス利用規約にある通り、

TwitterサービスまたはTwitterサービス上のコンテンツの複製、修正、これに基づいた二次的著作物の作成、配布、販売、移転、公表、実演、送信、または他の形での使用を望む場合には、Twitterサービス、本規約またはdev.twitter.comの定めにより認められる場合を除いて、Twitter APIを使用しなければなりません。

ヒント: 当社では、Twitterサービス上のコンテンツの幅広い再使用を奨励および容認しており、Twitter APIはこのために提供しています。

APIを使えば本人の意思とは関係なく利用可、逆に言えばAPIを使用しない場合は規約違反になる。出典を明記しないスクショツイートの場合は著作権法にも引っかかる。

私が望まないツイートの再利用をされても、正規の手段を用いている限り、相手に取り下げるよう「お願い」はできても「強制」できないし、「再利用されたくないのなら非公開設定にするかTwitterをやめろ」と言われたら終わりなんだよね。

埋め込みコードを利用した場合はそもそも相手に通知がいかないけど、相手に知られないようツイートに言及したい場合はGoogle URL Shortenerなど短縮URLサービスを噛ませればいい。

引用ツイートや正規の埋め込みなどの手段があるのだから、そちらを使ってきれいなTwitterを作ろう。真偽不明の情報が出回るのはもう十分だ。いろいろ見て疲れた。

参考リンク

return to page top