nrym

home > web > 汝がフォロイーを覗き込むとき、フォロワーや第三者は汝を覗き込んでいる

汝がフォロイーを覗き込むとき、フォロワーや第三者は汝を覗き込んでいる

フォロイー・フォロワー数十人程度の小規模アカウントでも公開設定にしている限り誰でも閲覧できるから、ツイートの内容はもちろん書き方も気をつけた方がいい。リプライだけでなく、RT後の発言も。

基本的にエゴサーチをしないけど、たまに他人(特にアルファTwitterユーザー)のツイートについたリプライや、リツイート直後のツイートを表示するやつを使ってRT後のツイートを見ることがある。1

私はブラウザゲーでは艦これと刀剣乱舞をプレイしている。これらのゲームは人気があるのでフォロワーが大勢いる。だから何か告知するたびに大量にRT・likesされるんだけど、それに対する反応がひどいものが多い。例えば今日の秋イベントが1日延長されたツイートについたリプライの数々。乱暴な言葉を使ってリプライしている人たちはアカウント担当者が「生身の人間」であり、それを読む可能性があることを忘れていないか?と疑問が浮かぶわけだ。あれだけのリプライを担当者が目を通しているとは思わないけど。

そしてRT。リツイート直後のツイートを表示するやつでツイート主はRTされた後の反応を調べることができる。RT=同意とは限らないので否定的な意見もある。そこで乱暴な言葉を使っている人たちは、「生身の人間」であるツイート主が見ている可能性を考えているのか?とまた疑問が浮かぶ。本人が目にしている、本人があなたのツイートにリプライする可能性がある、それでもそんなことが言えるの?と。2

非オタク系アルファTwitterユーザーのツイートをRTした後の人の反応はまちまちで、面白ネタだと単にRTしただけでその後は普通に他のことをツイートしている場合も多い。

オタク系アルファTwitterユーザー3のイラスト・漫画ツイートをRTした後の人の反応は「○○さんの描く△△×□□最高!」「○○さん大好き!」「待ってました!」のようにテンションが高い反応が多い。そんな中たまにこんなツイートがあったりする、「ごめん。これ、□□×△△に変換して萌えた」。もしイラスト・漫画ツイート主が逆リバ不可の過激派なのに逆CP変換して萌えましたなんて言及したら相手に包丁で滅多突きにされてミンチになるんじゃないだろうか…と思ったりした。

私の感覚では相手に対する接触の濃さは「リプライ>引用RT>RT直後の言及>リプライもRTもせずエアリプ」で、リプライは「コミュニケーション」、引用RTとRT直後の言及は「単なる言及」、リプライもRTもしないエアリプは「他人から見たら意味不明の独り言」といったところ。

エアリプは何を指しているのか正確に分からないからともかく、言及するからには相手から反応される可能性を考えておくべきだよな。「そんなのいちいち調べてきもい」と思う人もいるだろうけど、公開設定にしている限りフォロワー以外の第三者、それだけでなく本人も目にする可能性を頭の片隅に置いていた方がいい。


  1. 私のツイートはRTもlikesもあまりされないので。自分のことを調べても面白くないし、そもそも私についてツイートしている人は存在するのか。 
  2. 大抵の人は本人を目の前にしてツイート通りのことは言えないと思う。ただし、たまに誰に対しても罵声を浴びせる超人もいる。 
  3. ここでは女性オタク、特に腐女子を指す。何故なら私は男性オタクをあまりフォローしていないから。 
新しい記事
古い記事

return to page top